ロゴ

時計などの買取は安心できる業者に依頼【悪徳業者に引っ掛からない】

不要品を賢く売却

押し入れに眠っている不用品は早々に片付けることが賢明です。そうすることで家がスッキリしますよ。もし長く使ってないブランド品や時計などがあるなら、一度専門業者に査定してもらいましょう。もし買い取ってもらえれば、臨時収入が入ってきますよ。

不要品をお金にchange!

時計を身につけた人

時計の買取は専門業者へ!【優良業者の見極め方を伝授】

ビジネスシーンで欠かせない腕時計は社会人の必需品と言えるでしょう。また、そんな時計を買い換える時には古い時計を買い取ってもらいましょう。そうすることで新しい時計を買うときの予算が増えますよ。

READ MORE
お酒

大切なお酒を手放すからこそ条件に合った買取業者を見つけよう

お酒を集めている人は多いでしょう。しかし、集めているだけで飲むことはないことも。大切なものでも、保管しているだけでは勿体ないので、買取業者に売りましょう。また、ものによっては空き瓶でも買い取ってくれる場合がありますよ!

READ MORE
鍵盤

スペースを取っているピアノを売る【買い取り価格を大幅アップ】

いくら思い出の詰まっているピアノだからと残していても、弾くことが無かったら劣化していく一方です。劣化し過ぎて価値が無くなってしまう前に、買取業者に査定してもらいませんか?査定価格をアップできる方法が実はあるんですよ。

READ MORE

条件に合った業者を選ぶコツを伝授!

一括査定のサイトを利用

高値で買取ってくれる業者を探すなら、専門の仲介サイトを利用するのが最適です。多くのサイトが、24時間の電話相談を実施しているのでいつでも利用できますよ。また、全国各地の業者が登録しているので高く買取をしてくれる業者を見つけやすいですよ。

宅配買取を対応しているか

県外の業者の方が近くの買取店より査定価格が高くても、宅配買取サービスを実施していないなら意味がありません。そのため、きちんと宅配買取を実施しているか確認をしていきましょう。また、宅配買取なら業者から送られてくる梱包資材に詰めて送るだけなので、仕事の合間に利用できますよ。

販売ルートがしっかりしているか

買取業者の多くは同業者や消費者に向けて中古商品を販売しています。こういった多くの販売ルートを持っているところというのは、売り上げも良いことでしょう。また、売り上げが多い業者ほど在庫を多く持っておきたいので、査定価格が高い場合が多いです。さらに、多くの人が利用している業者は対応が丁寧なところがほとんどなので、安心して依頼できますよ。

種類に合った業者を選ぶ

近年、種類を問わずどんな商品でも買い取ってくれる業者が増えてきました。ですが、オメガのスピードマスターのような人気モデルは時計買取の専門店に査定してもらう方が良いですよ。専門店には知識と経験が豊富なスタッフが在籍しています。そのため、不用品を総合的に買い取ってくれる業者よりも高額で買取を行なってくれますよ。

処分しずらい不要品ランキング!

no.1

ピアノ

グランドピアノやアップライトピアノなど、ピアノはどの種類でも場所を取ってしまう楽器です。そのため、家から運ぶのが大変なので、粗大ごみとしても処分しずらくついつい放置してしまうようですよ。また、ピアノ買い取り専門の業者が中々見当たらないことも要因の一つのです。

no.2

腕時計

腕時計はブランドによって買取価格が大きく変動してしまいます。そのため、理想の価格でないからと売却を渋ってしまう人が多くいるようです。また、付属品の有無や時計が動いているかによっては買取をしてくれないところもあるようですよ。

no.3

お酒

お酒は賞味期限があります。そのため、賞味期限が切れる前に誰かに譲る人が多いんじゃないでしょうか。また、お酒を売ろうと考えていても賞味期限が切れているために捨ててしますケースが多々あるようです。業者によっては、賞味期限に関係なく買い取ってくれるので問い合わせてみましょう。

時計などを買取してもらうなら悪徳業者に要注意

紙幣

急な訪問買取に注意!

貴金属や時計、ブランド品の買取業者の中には、急に家に訪問して買取を行なう業者があります。そういった業者はほとんどの場合「悪徳業者」なので注意が必要です。悪徳業者は、破格の格安価格で買い取ってしまうので利用者側は損をしてしまいます。また、恐喝や詐欺まがいの行為をすることもあります。酷い場合には暴力事件に発展する場合だってあります。最近では電話で買取のセールスを行なう事例が増えているので注意しておきましょう。

悪徳業者を回避するために

急な訪問買取をする業者は悪徳業者の可能性が高いです。もし、怪しいと感じたら業者側に「身分証明書」と「行商従事者書」の提示を求めることが大事です。「行商従事者書」は常時携帯していないといけないものです。もし今は携帯していない等の理由で提示を拒否された場合にはすぐに警察に相談しましょう。

広告募集中